タクシーに乗るなら個人?業者?

今からタクシー業界に入ろうとしている方も数多くいると思いますので、今回は少し変わった思考で、タクシーに乗るなら個人が良いのか、業者が良いのかを、検証しながら記事の作成をしたいと思う。

業者で働く

やはり会社で働くと言う事は、自分に与えられたタクシーが故障をしても、保証してくれると言う点は大きいのではないでしょうか、また会社に属して走っている場合には無線で稼ぎの悪い人にはあっせんして、お客様を回してもらう事が出来るのも、大きいと思います。

また会社の属して走ると言う事は、何かあった場合にも会社の保険「共済」を利用する事が出来ますが、個人の場合にはそう簡単にはいきません。

また会社に属している場合には自分の悪い点を、ただしてくれると言う事が有りますが。

個人の場合職務が怠慢になってしまう方が多いと言うのも事実です。

個人タクシーで働く

やはり個人タクシーの良い所はその収入ではないでしょうか、会社に属している場合は売り上げの50%近い金額を会社に上納しなければいけませんが、個人タクシーの場合稼いだらその分が自分の物になりますので、やりがいが有るのではないでしょうか。

また時間にも余裕が出て、自分の好きな時に出車して自分が好きな時には帰れるのですから、自由度は圧倒的に高くなるのではないでしょうか。

また自分の好きな車両に行灯を付けて走る事が出来ますので、自分の予算委応じたタクシーに乗る事が出来るのも運転手の楽しみではないでしょうか、基本的に運転が嫌いな方が入る業界では無いので。

 

以上のような事柄が双方の利点では有るのですが、やはり圧倒的に個人タクシーを目指している方が多いと言うのが実情です。

しかし個人タクシーに乗る為には年齢にもよりますが、約10年間無事故無違反で運転をしなくては個人タクシーの申請にも行けませんので、個人タクシーのハードルはそんなに簡単なものでは無いと言う事が分かります。

また自分で車両の用意などをしなくてはいけないのも、金銭的に楽ではないと思います。